top of page

農作物の良きパートナー「ユニチカ ラブシート」




ラブシート育ちの苗は元気な優等生!


水稲育苗用被覆材として、豊富な経験を誇るポリエステル長織不織布ラブシート。

数々の優れた特徴が、これまでの育苗被覆材の難点を解消して、見事な健苗を育てています。この機能性、経済性を農業の合理化、省力化にお役立てください。




〈特長〉

  • 発芽が一定になり、芽がそろう。

  • 適度な遮光で、白化現象が防げる。

  • 適度な通気で、高温多湿、乾燥状態に陥ることなく、葉焼けからも保護する。

  • 軽くて強い繊維だから、取り扱いが手軽。

  • 耐久性が優れているので、繰り返し使用ができる。


 

特長を生かした、さまざまな使用例です。


自然出芽期用にベタ平張り


軽くて丈夫なうえ、通気性のある、きめこまかい布状なので、平張りしても出芽してきた芽をいためません。また、通気性があるので、ラブシート上からもかん水ができます。


緑化期のベタ平張り


適度な遮光性があり、出芽後の幼い苗を強光から守り、均一な緑化を促します。




緑化した苗


通気性があるので、1.5葉ぐらいまでかけっぱなしにしておいても平気です。





ハウス育苗でのトンネル


ラブシート1枚でもトンネル状にすれば、夜間の保温力はより効果的です。





夜間の保温用にベタ張り


寒冷地での夜間の保温にも、ベタがけが有効です。

緑化期から通して兼用で使用できます。




厳寒地の下しき


湿地及び冷え込みのきびしい場所では、もみがらをまき、その上にラブシートを敷けば、地面からの冷却を防ぎます。




育苗箱の下しき(稚苗)


根が地面に入りにくく、根切りの労力が省けます。

根張りのすばらしいマット形成のよい健苗に育ちます。



田植え直前の健苗


葉の巾は広くズングリの厚い葉、太くたくましい茎と、ガッチリした根張りのよい健苗ができます。





 

カタログダウンロードはこちら⤵

ラブシートカタログ
.pdf
Download PDF • 819KB

 

お問い合わせお待ちしております

bottom of page